福祉サービスなど生活していくうえでの支援や生活相談を受けたいとき
成人期(18歳~)

以下の機関で生活相談や福祉サービスなど生活していく上で必要な支援についての情報提供を受けることができます。

まずは身近なところで

各区障がい者相談支援センター
障がい福祉サービスの利用の相談により、助言・事業所の情報提供、計画相談による支援計画作成等を受けることができます。

障害者自立支援法に基づくサービス利用を申請するには、障がい者手帳の取得、または医学的診断を受けていることが必要です。

療育手帳をお持ちの方は

知的障がい相談・判定(“はーとふる”ぷらざ)
療育手帳の交付・更新を行う、手帳の判定機関です。本人の得意とするところや苦手とするところなどに関して、アドバイスを受けることができます。また、それに基づいて、ケースワーカーや心理職のスタッフに、仕事や人間関係の悩み、施設の利用などについての相談ができます。


発達障がいの疑いがある方は

エルムおおさか
専門の相談員に相談ができます。発達障がいに関する情報提供や生活の工夫等についてのアドバイスを受けることができます。


大阪自閉スペクトラム症協会
自閉スペクトラム症協会認定の相談員(自閉症の子どもをもつ親)に相談ができます。発達障がいに関する情報提供や支援方法についてのアドバイスを受けることができます。


大阪市発達障がい者支援マップ HOME へ戻る