10月21日開催 児童・思春期のADHD【締め切りました】

児童・思春期のADHD 
  

講師  河口 剛先生(医療法人サヂカム会 三国丘病院 院長)

 

詳細はこちらのチラシをダウンロードしてください ↓
チラシを見る

 

 ADHDは、不注意や多動性・衝動性を主な症状とした発達障がいの一つです。
 ADHDの特性がある子は、「乱暴」「怠けている」「努力が足りない」などと誤解を受けてしまったり、必要なサポートを受けられず本人が困っていたりすることがあります。
 今回は、三国丘病院院長の河口先生をお招きして、児童・思春期のADHDをテーマにご講演いただきます。医師の立場から病院で行う治療や、薬物療法の中で処方させるお薬、ADHDのあるお子さんと関わる時に知っておきたい基本的な対処法についてお話をしていただきます。
 診療経験が豊富な河口先生のお話しから、ADHDの特性を理解し、どの様に困りごとを減らしていくかを学ぶ機会にしたいと思います。皆様のご参加お待ちしております。

 

 

<日  時> 2021年10月21日(木) 10:00~12:00(受付 9:45~)

 

<会  場> 大阪私学会館 4F講堂

 

<対  象> ・大阪市在住で発達障がいの診断(疑い)を受けている児童・思春期のお子さんの保護者
       (※託児はありませんので、お子さんの同伴はご遠慮ください)

       ・大阪市在勤・在住で発達障がいのあるお子さんとかかわる支援者

 

<定  員> 50名

 

<参 加 費> 無料

 

<申込受付> 締め切りました

       ※講座は保護者の方を優先してご案内します。
                       申込多数の場合は、同一事業所での参加人数を制限させていただく場合がございます。
       ※定員になり次第締め切らせていただきます。定員を超えご参加いただけない場合にのみ、
        こちらからご連絡させていただきます。
        こちらから連絡がなければ、直接会場にお越しください。

 

<申込方法> 申込書に必要事項をご記入の上、FAXかメール、もしくは下記申込みフォームよりお申し込みください。

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用をお願いいたします。
 また、体調に不安のある方は参加をご遠慮ください。

 


閉じる