1月18日開催 「支援者対象」 青年期に身につけておきたいライフスキル【締め切りました】

青年期に身につけておきたいライフスキル

 

講師 伊丹 昌一先生(梅花女子大学心理こども学部心理学科 教授
           言語聴覚士 公認心理士 特別支援教育士SV)

 

詳細はこちらのチラシをダウンロードしてください ↓
チラシを見る

 

 WHO(世界保健機構)の定義によると、ライフスキルとは「日常生活で生じるさまざまな問題や要求に対して、建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」のことです。発達障がいのある人は、その特性からライフスキルを自然的に身につけることが難しい場合があります。学齢期までは、保護者や学校の先生がサポートしてくれる機会が多く、見過ごされてしまいがちですが、自立的に活動することが増える中学校卒業以降、ライフスキルの不足が生活面でのつまづきにつながり、社会生活を営む妨げになってしまうことがあります。
 今回は、梅花女子大学心理こども学部心理学科教授の伊丹昌一先生をお招きして、非行や性などの課題にも触れながら、感情のコントロールや自己認知など青少年期の方が身に付けておきたいライフスキルについてお話いただきます。
 

<日   時>  2022年1月18日(火) 14:00~16:00(受付 13:30~)


<場   所>  CIVI研修センター新大阪東 5階Hall
 

<対   象> 大阪市内で青少年の発達障がい者支援に携わっている支援者の方


<定   員> 80名
          ※申し込み多数の場合は、同一事業所様の参加人数を制限させていただく場合がございます。
          ※定員になり次第締め切らせていただきます。
           定員を超えご参加いただけない場合にのみ、こちらから連絡いたします。
           
こちらから連絡がなければ、直接会場にお越しください。


<参 加 費>   無料

 

<申込受付>  締め切りました


<申込方法>  申込書に必要事項をご記入の上、FAXかメール、もしくは下記申込みフォームよりお申し込みください。

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用をお願いします。
 また、体調に不安のある方は参加をご遠慮ください。

 

 

 


閉じる