1月30日開催 成人期ライフスキル講座【受付中】

発達障がいのある大人のライフスキルについて

 

講師 梅永 雄二先生(早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授)

 

こちらをあらかじめダウンロードしてください ↓
チラシを見る

 

 「朝決まった時間に起きる」「身だしなみを整える」「余暇を楽しむ」など、人が日常生活を送るために必要なスキルの事を「ライフスキル」といいます。人によって生活は異なるため、必要なライフスキルも違います。
 発達障がいのある人は、社会生活で必要となるような対人関係を中心としたソーシャルスキルだけではなく、日常生活を送るために必要なスキルであるライフスキルを身につけるのが苦手なことが多いようです。
 例えば、職場では、知識や技術といった仕事に直結する「ハードスキル」と、業務には直接関係しないけれども、仕事の支えになる「ソフトスキル」の二つのスキルが求められます。発達障がいのある人は、この「ハードスキル」ではなく、「ソフトスキル」の不足により仕事を続けることが難しくなってしまう場合があります。
 今回は、早稲田大学 教育・総合科学学術院教授の梅永雄二先生をお招きして、発達障がいの特性、就労の実態、様々な就労支援の取り組みなど、社会へつなげるためのライフスキルとその指導法などについてご講演いただきます。

 

<日  時> 2018年1月30日(火) 15:00~17:00


<会  場> 國民会館(武藤記念ホール)


<対  象> 大阪市内で成人期の発達障がい者支援に携わっている方


<定  員> 100名
      ※申し込み多数の場合は、同一事業所様で複数ご参加いただけない場合がございます。
      ※定員になり次第締め切らせていただきます。定員を超えご参加いただけない場合にのみ、
       こちらからご連絡いたします。こちらから連絡がなければ、直接会場にお越しください。


<参 加 費> 無料

<申込受付> 受付中(平成30年1月23日正午 締め切り)


<申込方法>  申込書に必要事項をご記入の上、FAXかメール、下記の申し込みフォームでお申し込みください。

 

こちらからもお申し込みができます ↓
お申し込みフォームへ