6月13日・7月11日開催 保護者・支援者対象 ちょっと気になる子どもたちのからだ講座(2回連続プログラム)【満席のため締め切りました】

ちょっと気になる子どもたちのからだ講座

 

講師 有吉 正則 先生(兵庫医療大学 講師  作業療法士) 

 

詳細はこちらのチラシをダウンロードしてください ↓
チラシを見る

 

  発達障がいのあるお子さんは、不器用さや感覚過敏さなどの特性がみられる場合があります。今回は、作業療法士の有吉先生をお招きして、乳幼児期に獲得される感覚ー運動能力という視点から、身体の使い方が不器用で、集団生活が苦手な子どもたちの特徴と支援についてお話しいただきます。
 集団に参加し、友だちや身近な環境とかかわることができるようになるためには、それを可能にする前提の力が必要となります。この前提となる力が整うためには、生後12か月までに獲得される知覚的な感応能力、対人意識、体の安定性が重要であるといわれています。
 本講座では、1回目は「感覚と運動の視点から」、2回目は「身体と手先の動きを育てよう」という内容で2回連続講座として開催し、生活と遊びの中で、これらの能力を育むために意識したいポイントについて紹介していただきます。

 

<日  時> 2回連続講座
         1回目 平成29年6月13日(火) 10:00~11:50
         2回目 平成29年7月11日(火) 10:00~11:50

<会  場> 総合生涯学習センター 第2研修室

<対 象 者> ・大阪市在住で発達障がいのお子さんの保護者
         ※お子さんの同伴はご遠慮ください。
        ・ 大阪市在勤・在住で発達障がいのお子さんとかかわる支援者
<定   員> 40名
       (※定員になり次第締め切らせていただきます。定員を超えご参加いただけない場合にのみ
         こちらからご連絡いたします。こちらから連絡がなければ、直接会場にお越しください。)
<参 加 費> 無料

<申込受付> 満席のため締め切りました
<申込方法> 申込書に必要事項をご記入の上、FAXかメール、もしくは下記お申し込みフォームでお申し込み下さい。